文字サイズ

「サポカー/サポカーS」の
技術って?
ADVANCED SAFETY TECHNOLOGY

ブレーキを踏みそこなったり、ブレーキとアクセルを踏み間違えること。
それは、ちょっとした不注意や焦りなどによって、誰の身にも起き得ることです。
そこで、自動ブレーキなどの先進安全技術でドライバーの安全運転を支援してくれる車が、
サポカー、サポカーSです。
自動車メーカー各社は、自動ブレーキをはじめ、
さまざまな先進安全技術を搭載した車を開発、販売することによって、
ドライバーの皆さまの安全運転をサポートしています。

※本アニメーションはイメージのため、実際の表示例等と異なる場合があります。

政府広報
(政府インターネットテレビ)

政府インターネットテレビ(高齢ドライバーも安心!安全運転サポート車「サポカー」)にて、サポカー/サポカーSに搭載されている自動ブレーキ等先進安全技術について、イメージ動画とともに詳しく説明していますので、ぜひご覧ください。

政府広報 (政府インターネットテレビ)

自動ブレーキ

車載のレーダーやカメラにより前方の車両や歩行者を検知し、衝突の可能性がある場合には、運転者に対して警報します。
さらに衝突の可能性が高い場合には、自動でブレーキを作動します。

自動ブレーキ

ペダル踏み間違い時加速抑制装置

停止時や低速走行時に、車載のレーダー、カメラ、ソナーが前方(及び後方)の壁や車両を検知している状態でアクセルを踏み込んだ場合には、エンジン出力を抑える等により、急加速を防止します。

ペダル踏み間違い時加速抑制装置

車線逸脱警報装置

車載のカメラにより道路上の車線を検知し、車線からはみ出しそうになった場合やはみ出した場合には、運転者に対して警報します。

運転者がウインカーを操作して意図的な車線変更を行う場合には警報しません。

車線逸脱警報装置

先進ライト

自動切替型前照灯

自動切替型前照灯
前方の先行車や対向車等を検知し、ハイビームとロービームを自動的に切り替える機能を有するヘッドライト

自動防眩型前照灯

自動防眩型前照灯
前方の先行車や対向車等を検知し、ハイビームの照射範囲のうち当該車両のエリアのみを部分的に減光する機能を有するヘッドライト

配光可変型前照灯

配光可変型前照灯
ハンドルや方向指示器などの運転者操作に応じ、水平方向の照射範囲を自動的に制御する機能を有するヘッドライト

その他の先進安全技術

「安全運転サポート車」の普及啓発に関する関係省庁副大臣等会議中間とりまとめにおいて、上記の先進安全技術以外にも、自動車メーカーが考える高齢運転者の事故防止に資する先進安全技術が紹介されています。

自動車メーカーが考える高齢運転者の事故防止に資する先進安全技術

事故類型
対応する
先進安全技術
人体車両 横断中
衝突警報
交差点における事故
交差点安全支援機能(TSPS※1/DSSS※2
低速走行中の事故(後退時等)
アラウンドビューモニター、リアビューモニター
夜間・薄暮時における事故
オートライト
車両相互 正面衝突
車線逸脱警報装置、車線維持支援制御装置、ふらつき注意喚起装置
正面衝突(逆走起因)
道路標識認識装置、逆走防止装置(カーナビ連携)
追突
車間距離制御装置、衝突警報【再掲】、先行車発進お知らせ機能
出会い頭衝突
道路標識認識装置【再掲】
進路変更時衝突
後側方接近車両注意喚起装置
交差点における事故
交差点安全支援機能(TSPS/DSSS)【再掲】
低速走行中の事故(後退時等)
アラウンドビューモニター【再掲】、リアビューモニター【再掲】、後退時接近移動体注意喚起・警報装置
車両単独
車線逸脱警報装置【再掲】、車線維持支援制御装置【再掲】、ふらつき注意喚起装置【再掲】
その他
ヘッドアップディスプレイ

※1 Traffic Signal Prediction Systems(信号情報活用運転支援システム)の略

※2 Driving Safety Support Systems(安全運転支援システム)の略

先進安全技術はあなたの安全運転を支援しますが、事故を完全に防ぐものではありません。

サポカー、サポカーSに搭載されている先進安全技術は、交通事故の防止や被害の軽減に役立ちますが、これらの技術も万能ではなく、条件によっては装置が作動しない場合もあります。装置の機能を過信せず、引き続き安全運転を心掛けて頂きますようお願いします。

ページトップへ